ホーム歳時記10月


10月は最も晴れやかですがすがしく、柿、栗、茸など、山の幸が豊富な時季です。
神無月(かんなづき、かみなしづき)
神無月とは、俗説によればこの月には、日本国中に散在している八百萬の神々が、みな出雲の国へ旅立ちし、 国を留守にするという意味からと伝えられています。恵比寿、金毘羅、荒神、道祖神が留守を守ります。 10月にえびす講が行われるのは、その留守神様として祭られるからともいわれています。 逆に出雲の国では、神在月といわれます。 また、新米を使って新酒を醸す(醸造する)月、醸成月(かもなしつき)といい、これが転声して「神無月」と当て字を借用したのではではないか、との説もあります。
ページTOP
えびす講(二十日夷)〜商売繁栄の神様である恵比寿神の祭り〜 10月20日(11/20, 12/20に行われる地域もあります)
商家では、床の間に恵比須大黒の掛軸をかけ、鯛、神酒、鏡餅、柿、栗などを供え、 商売繁栄、家族繁栄、火防守護を恵比寿様に祈願します。 家族、親類、友人知人、取引先などを招いて酒宴を催し、席上の器具の何にでも高値をつけ、『夷講(えびすこう)の売り買い』という、 競売りの真似事をするのも、景気をつける為の縁起といわれています。 恵比寿様(夷、恵美須、蛭子、戎とも書きます)は、右手に釣り竿、左手に鯛を抱え、漁村では漁の神様、商家では商いの神様、 農村では田の神様として崇められています。
ページTOP
べったら市中央区日本橋本町 宝田恵比須神社 10月19,20日
20日の夷講(えびすこう)の祭りを控えて、夷大黒像、打出の小槌、鯛、切山椒などの商売の縁起物を売ったのが、いつの頃からか浅漬大根「べったら」の市と変わっていきました。 粕をべったりつけたまま売るところから、べったら漬けといわれています。
ページTOP
十月の季語
鰯雲(いわしぐも)
秋空に小さな白雲の塊、または濃淡がほとんどないような雲の白片が集まっているものをいいます。 この時期にかつて日本人の食膳を最も多くにぎわせる大衆魚であった鰯の漁獲期によく見られ、 その段々とした波のような白斑が、ちょうど鰯が群れるようなさまをしているので鰯雲といい、鯖(さば)の背にある斑紋 のように点々と並んでいるので、鯖雲ともいい、魚の鱗(うろこ)に似ているので鱗雲ともいいます。 学名は絹積雲(けんせきうん)で、この雲が出ると降雨の前兆とされ、また鰯の大漁があるともいわれています。
紅葉狩(もみじがり)
紅葉の美しさを鑑賞して山や谷を逍遥(しょうよう)することです。紅葉は楓(かえで)にかぎらず、いろいろな木の葉の紅、 黄に変わっていくものも含まれます。紅葉茶屋は紅葉見の客が休むために設けられた茶店をいい、山川あるいは湖上に舟を浮かべて、 岸の紅葉をたのしむ遊山の舟を紅葉舟といいます。
新米(しんまい)
今年収穫したお米のことです。十月ごろに、早稲の米が出回ります。秋祭りは新米収穫の祝いで、新米に糯米(もちごめ)を加えて おはぎ餅を作り、神にも供え、自分たちでも食べる地方は各地にあります。新米に対して、去年の米を古米(こまい)、一昨年の米を古古米(ここまい)をいいます。
新蕎麦(しんそば)
蕎麦はふつう、年二回収穫し、春まきを夏蕎麦、夏まきを秋蕎麦といいます。九、十月ごろになると、秋蕎麦の走りが出ます。 その秋の、まだ熟さない、やや青みを帯びた早成の蕎麦粉で打ったもので、走り蕎麦、初蕎麦、新蕎麦(あらそば)ともいいます。
暦については神宮館へ
干支・九星・行事・六輝・中段・二十八宿・下段、東京の日の出入・月の出入・満干潮時など詳細に記述されています。 暦の説明、九星別各人の運気の動向や、納音・十干・家相学・姓名学・命名字典なども加わっているボリュームたっぷりの暦です。
株式会社 ヒラヤマ
〒111-0051東京都台東区蔵前2‐7‐6
TEL03‐3851‐9086FAX03‐3851‐9087
http://www.hirayama-jp.com
hirayama3@hirayama-jp.com