ホーム歳時記9月

中秋の名月〜名月を取ってくれろと泣く子かな(一茶)〜平成28年は9月15日
十五夜
「名月は八月十五日一夜なり。明月は四季に通ず。」と芭蕉の弟子、森川許六が書き残しているように、春夏冬の月より、中秋の満月がことさら美しいということで、 名月の宴が平安時代に中国から日本に伝えられる以前から、人々は十五夜のお月見に並々ならぬ関心を持ちつづけてきたと言われています。 今年平成28年の名月は、9月15日(陰暦8月15日)です。中秋または仲秋というのは、 陰暦の秋の3ヶ月(7,8,9月)の真ん中のことで、陰暦8月の別称を指します。十五夜のことを「良夜(りょうや)」ともいい、また、せっかくの十五夜なのに、 曇ってしまって見えないけれど、ほのかに明るさが感じられるのを「無月(むげつ)」、雨が降ってしまうと「雨月(うげつ)」として、日本人は様々な名月の風情を嗜んできました。
十三夜
旧暦九月十三日夜の月見のことをいいます。今年平成28年は10月13日です。季題では、十五夜の「名月」に対して「後の月」「名残の月」「後見月」ともいい、 日本古来の月祭りはこの十三夜でした。また、「片月見をするものではない」といって、十五夜と十三夜と二度の月見をするしきたりがあります。 完璧な満月でなく、少し欠けた月をめでる風習は、日本人的心情のあらわれといえるでしょう。
月の兎
日本では「月の模様は餅をついているうさぎ」といわれています。「望月の中で餅をつく兎」・・月を呼ぶ、ツキ・運を招く、月うさぎとして親しまれ、 絵柄も縁起のよいものとして喜ばれています。 うさぎが月の中にいるかということについては、ひとつに仏教説話があります。 昔、帝釈天が獣たちの善心を試そうと、老人の姿に化けて食べ物を乞うた時に、猿は木の実や野菜を、 狐は魚介類などを取ってきて老人に与えたが、うさぎは何も取ってこれなかったので、自ら火の中に飛び込んで自分の肉を与えたというのです。 これを哀れんだ帝釈天がうさぎを月の中に甦らせたといいます。月の面に雲がかかったように見えるのは、兎の体が焼けた時の煙だともいわれています。
ページTOP
〜菊の宴をはり延寿を祈る秋の節供〜重陽の節供(ちょうようのせっく)
九月九日。正月七日、三月三日、五月五日、七月七日とともに五節供といいます。節供の名には春の桃、初夏の菖蒲、そして秋は菊と季節を代表する花が配されています。 この日は称して「菊の節供」ともいわれます。中国伝来の陰陽説によれば、奇数は陽の数とされています。九は一桁の奇数としては一番大きな数なので、「陽の極まった数が重なった日」ということから、 「重陽(ちょうよう)」と呼ばれます。中国では、菊は延寿の功があると信じられていて、漢代から菊酒を飲む風習があり、この日に野に出て飲宴をしたといわれています。 それが平安時代初期に伝来し、宮中行事として「観菊の宴」 が開かれました。時代が下がるにしたがって、武士、庶民へと広がっていき、江戸時代までは五節供の最後を締めくくる最も盛んな節供だったといわれています。 菊の品評会や菊人形など、日付とは切り離されましたが風習として今も残っています。現在の9月9日は、菊の花はまだ小さな蕾の状態ですが、 本来陰暦9月9日は、十三夜の4日前(平成28年は10月9日)で、菊の見頃の季節でした。
ページTOP
だらだら祭り〜生姜市と千木箱(ちぎばこ)が下町の郷愁を誘う祭り〜
9月11〜21日。東京都港区芝大門芝大神宮の祭り。例大祭は11日間も続くので、だらだら祭りの名があります。また、生姜を売る市が立つので、生姜祭りとも呼ばれます。 生姜と共に千木箱といって、小判型の檜の経木を箱のように三つ重ねにした曲げ物を藁でしばったものが売られます。神社の千木の余材を用いて作ったために こう呼ばれています。昔、神前に生姜と鮮魚を供え、甘酒を千器に入れて奉ったので千木箱と生姜をこの祭りで売られるといわれています。
芝大神宮(芝神明) 東京都港区芝大門1−12−7 TEL. 03-3431-4802
ページTOP
九月の季語
風の盆(かぜのぼん)
富山県婦負(ねい)郡八尾町で毎年九月一日から三日間行われる民俗行事です。盂蘭盆の祖霊を祭る行事であったのが、 後に風害を防ぎ、豊作を祈願する風祭と習合したものといわれています。この3日間は、町中の住民が仕事を休み、 雪洞(ぼんぼり)をともし、夜を徹して踊り狂います。笛・太鼓・尺八・三味線・胡弓などの地方(じかた)に合わせて民謡「越中おわら節」を唄い踊ります。

案山子(かかし)
作物を荒らす鳥獣を脅すため、田畑に立てる人形です。竹や藁で人形を作り、蓑・笠を着せたりして、一本足の棒で田畑の畦などに立てます。 「かかし」のほか、「そめ」、「おどし」、「おどろかし」、「とぼし」、「嗅し(かがし)」、「焼しめ」など、地方や手段によって様々な呼び名があります。 「かかし」の呼び名は、悪臭のある毛髪・獣肉・魚の頭などを焼いて串に挟んで田畑に立て、その臭いによって鳥獣の害を避ける「嗅し(かがし)」から由来し、 見かけ倒しの役に立たない人間のこという案山子(そおず)の文字が当てられたといわれています。
松虫(まつむし)
叢でチンチロリンと美しい声で鳴く虫です。 虫狩りに出かけたり、飼育したり、江戸時代には虫売りが登場するほど、 古くから日本の人々は「鳴く虫」の美しい音色に親しんできました。 虫の音色に耳を傾けることは、日本人独特の感覚といえるでしょう。 平安時代のころは、鈴虫と松虫は逆に呼ばれていたようです。 「リーンリーン」と松風の身にしみわたるような澄んだ音色に鳴くので松虫と呼ばれ、 逆に「チンチロリン」と鈴を振るような声なので鈴虫といわれたそうです。 歌の中では、「誰まつ虫」「人まつ虫」など恋歌の掛詞や、音色の悲しさを言っているものが多く見られます。
ページTOP
暦については神宮館へ
干支・九星・行事・六輝・中段・二十八宿・下段、東京の日の出入・月の出入・満干潮時など詳細に記述されています。 暦の説明、九星別各人の運気の動向や、納音・十干・家相学・姓名学・命名字典なども加わっているボリュームたっぷりの暦です。
株式会社 ヒラヤマ
〒111-0051東京都台東区蔵前2‐7‐6
TEL03‐3851‐9086FAX03‐3851‐9087
http://www.hirayama-jp.com
hirayama3@hirayama-jp.com