ホーム歳時記5月

端午の節句〜男の子の出生を祝う節句〜
正月七日(人日)、三月三日(上巳)、五月五日(端午)、七月七日(七夕)、九月九日(重陽)を五節句(五節句)といいます。 三月三日の上巳(じょうし)の節句(桃の節句)が女の子の節句であるのに対して、現在は男の子の節句とされています。 鯉のぼりを戸外に吹流し、菖蒲湯(しょうぶゆ)をたてて入浴し、粽(ちまき)、柏餅を食べ、男の子の出生を祝います。 端午とは「月初めの五日」(月初めの「午」の日)のことで、本来は五月に限った呼び名では有りませんでした。 これが中国伝来の陰陽説や重日思想(月数と日付が一致する日付を特別な日だと考える思想)と相まって五月の五日だけを特別に指すようになったものです。 端午の日に、かつて宮中では節会(せちえ)が催され、菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)などの香りの強い草で邪気を払う儀式が行われていました。 武家社会では、菖蒲が尚武(しょうぶ)に通じることや、菖蒲の緑色のつやつやしい葉が剣状にのびて群生するところから、 男の子の節句にふさわしいとされ、子々孫々までの武運を祈り、軒に吊るし入浴用にしました。 農村では古くから田植え前の大切な日として、女性達が菖蒲や蓬で葺いた家の中で身を清め、豊作を祈りました(田植えは女性の仕事でした)。 このことから端午の節句は、元々女性のための節句ともいえるのですが、男の子の節句と変化していったのは、武家社会の発達と、近世以降の都市中心の文化が影響しているからです。
鯉のぼり
男の子のいる家で鯉のぼりを立てたり、武者人形や兜(かぶと)を飾るようになったのは、江戸時代からのことです。 武士の家では、それぞれの家の家紋や鍾馗(しょうき、鬼神)を描いた幟などを立てて「我が家の発展を願う」ようになりました。 この武士の風習が庶民にも広がりましたが、この「幟」の代わりとして登場したのが「鯉のぼり」です。矢車、矢羽根、吹流しは、かつての先陣で使われた形態です。 滝登りをするという鯉は、出世魚として喜ばれ、男の子の出生を祝い将来を託するにふさわしいものとされました。
菖蒲(しょうぶ)
菖蒲は葉や根に芳香が有ることから、昔から邪気や物の怪をはらう力が有ると考えられていました。旧暦では梅雨の真っ最中で、じめじめした不快な日が続き病気も増えたのかもしれません。そのためそういった悪い気をはらうものとして菖蒲や蓬が使われました。 現在でも「屋根葺き節句」と呼ばれる、玄関や屋根に菖蒲・蓬を飾る風習や、お風呂に菖蒲を入れて入浴する菖蒲湯も各地に残っています。
粽(ちまき)
粽は現在は笹の葉で巻くことが多いようですが元々は茅(ちがや)で巻いたことから「茅巻き(ちまき)」という名になりました。 五月五日に粽を作る風習は、中国の楚の国(揚子江流域)に起こったものとされています。大詩人の屈原(くつげん)という人が政争に敗れ、国の行く末を案じつつ河に身を投げたのが五月五日とされ、 屈原の霊を慰めるため、竹筒に米を入れ、木の葉でふたをして、五色の糸でしばった餅を作り、河に捧げたことが始まりといわれています。
ページTOP
三社祭〜江戸第一の盛大なお祭り〜 平成28年5月13、14、15日 台東区浅草神社
「三社様」で親しまれている浅草神社の大祭です。江戸の名残の祭りの中では最も華やかで、街中が一丸となって繰り広げられます。 東京の祭礼の中で、赤坂の山王祭神田の明神祭と共に、三大祭といわれています。 この大祭では神輿渡御が有名で、氏子町会の神輿が勢ぞろいすると浅草が祭一色に染まります。 一之宮・二之宮・三之宮の三体の本社神輿は、三社祭りのクライマックスを飾る最終日、 早朝6時に宮出しをして氏子四十四ヶ町を東西南三方に分かれ渡御されます。 五穀豊穣を祈願し奉納する古代神事の「びんざさら舞」は、東京都の無形文化材に指定されています。

三社とは、浅草神社の旧名である「三社権現社」からとられたものです。 推古36年(西暦628年)、漁師の檜前浜成(ひのくまはまなり)・竹成(たけなり)の二兄弟が、隅田川で漁をしていたところ、 その日に限って魚は取れず、網には人形の像がかかりました。地元の識者であった土師真仲知(はじのなかとも)の鑑定で、 この像は聖観音像ということがわかり、お堂を建てて三人で祀りしたのが、浅草観音金龍山浅草寺の始まりと伝えられています。 こうした浅草寺の起源から、後に(権現思想〜仏が神の姿をかりてあらわれる神仏同体説〜が流行りだした平安末期とされています) 三人は三社大権現の尊称を奉られ、祭祀されるようになったのです。
ページTOP
お富士さんの植木市〜富士山山開きの縁日〜 平成28年5月28日、29日、6月29日、30日 台東区浅間神社
お富士様として親しまれている浅間神社の祭日の別称で、植木市が開かれる処から呼ばれるようになりました。 祭神は木花咲耶姫(このはなさくやひめ)で、元禄のころ駿河国富士郡浅間神社から勧請したものと云われています。この社の位置は富士山から裏鬼門にあたり、 丘の上にあるので富士山がよく見えたそうです。 昔から富士山に対する信仰は盛んで、全国各地に浅間神社の勧請や富士講の組織作りが行われました。 富士山の山開き6月1日には、富士詣りが出来ない人々が各地の浅間神社に参詣したと云われます。 従って当初は垢離(こり=神仏に祈願するとき心身を清めるために水を浴びる)をとって身を浄め、白衣のかたびらを着てお詣りをしました。 元禄以後は特に子供の参拝が多くなり、垢離をとった形式にかたどり、散らし髪で参拝したと云われています。 昔の祭日は5月晦日と6月朔日(ついたち)で明治以降は山開きが7月1日になったので、6月晦日と7月朔日にも行われるようになりました。 合計4日間の珍しい祭日です。 表参道の富士通りには色々と物売りが出て、明治以降は六郷家の下屋敷跡を中心に植木市が立つようになり、丁度入梅時で植木を移植するのに最好期にあたり、 お富士様で買った木はよくつくと言い伝えられて、次第に盛んとなりました。 現在では5月・6月の最後の土日に柳通りを中心に約350店の植木屋で時ならぬジャングルを現出します。
ページTOP
五月の季語
五月晴れ(さつきばれ)
桜の花が咲く花時(はなどき)は、陽気が変わりやすく、ふいに薄ら寒さを感じることがあります。このことを花冷えをいいます。 低気圧がすぎたあと移動性高気圧がはりだしてくると天気は回復にむかい、空は晴れるけれども、空気は乾いてしまいます。 そのため、夜になると地熱の放射がさかんで、明け方にはひどく冷え込みます。 こうして、天気はよいし、桜は満開だけれども、空気は冷え冷えとしているといった状態になることがあります。
八十八夜
立春から数えて八十八日目の日です。平成28年は5月1日にあたります。朝顔の種蒔き時、そして茶摘の最盛期です。地域によって多少のズレはありますが、 この頃に摘まれるものは一番茶といって、最も茶の旨味をもっています。 また古来より、農村では八十八夜を重要な節目と考えられてきました。 八十八夜前後には、夜間急に気温が下がり、とくに山沿いの農地ではひどい霜の被害を受ける事があります。 しかしこれ以後には霜が降りる事がないので、この霜を晩霜もしくは八十八夜の別れ霜と呼び、この後で種をまけば、被害を受けずに作物を育てられるからです。
キツネの嫁入り
「キツネの嫁入り、天気雨」といって、雲ひとつなく、半袖がほしくなるほど汗ばむ晴天なのにいきなり雨が降ってくる現象です。 天気なのに雨が降るので、天気雨とも天泣(てんきゅう)ともいいます。雨滴は小さく、雨量も非常に少ないところに特徴があります。
ページTOP
暦については神宮館へ
干支・九星・行事・六輝・中段・二十八宿・下段、東京の日の出入・月の出入・満干潮時など詳細に記述されています。 暦の説明、九星別各人の運気の動向や、納音・十干・家相学・姓名学・命名字典なども加わっているボリュームたっぷりの暦です。
株式会社 ヒラヤマ
〒111-0051東京都台東区蔵前2‐7‐6
TEL03‐3851‐9086FAX03‐3851‐9087
http://www.hirayama-jp.com
hirayama3@hirayama-jp.com