ホーム歳時記3月

雛祭り〜中国伝来の行事と、日本古来の風習が一体となった、女の子の祭り〜
三月三日は上巳(じょうし)とよばれる桃の節句で、女の子の成長や幸福を願う行事です。 雛祭りの主役である雛人形は、緋色の雛壇に内裏雛を始め、三人官女、五人囃子、左大臣、右大臣、三人仕丁(しちょう)などがおかれ、 屏風、雪洞(ぼんぼり)、桜、橘、菱餅、白酒、雛菓子なども供えられて宮廷の風儀を思わせる飾り付けをします。 また、重箱、箪笥(たんす)、長持(ながもち)、挟み箱、鏡台、針箱、駕籠(かご)、御所車など、女の子の嫁入り調度のミニチュアも飾られます。 その上、桃と菜の花を活け、草餅、桜餅、煎り豆、蛤(はまぐり)、アサリなどを調理して雛壇に供え、祝って会食をします。 こうした雛祭りが定着したのは、江戸時代中期の頃でした。 雛祭りの起源は、身のけがれや災いを人形(ひとがた)に移し、川に流して厄払いしたという日本古来の伝統的習慣と、 中国から伝来した「曲水の飲」という、桃の湯、桃花酒を飲み、水辺に出て災厄を払う行事が集合したものといわれています。 江戸時代になると、芝居や物語を通して一般の人々も王朝文化や宮廷生活を知るようになりました。それは江戸の女性の心をとらえ、 華やかな行事として定着していったのです。 今でも地方によっては、三月三日に紙雛(かみびな)を川や海へ流す「ひなおくり」の風習を残すところがあるそうです。

淡島神社雛流し
和歌山市淡島神社で行われる祭礼。 全国から奉納された、壊れたり古くなったりした人形を供養したのち、白木の雛舟に乗せて海に流します。
ページTOP
お水取り(東大寺二月堂修二会)〜春を告げる奈良の祭典〜
この行法は東大寺の二月堂の本尊、十一面観音に、僧侶たちが世の中の罪を一身に背負い、代苦者、 すなわち一般の人々に代わって苦行を引き受ける者となり、苦行を実践し、国家安泰等を祈る祈願法要です。 実忠(じっちゅう)という僧侶によって始められ、開行以来一度も欠かされたことがない行法「不退の行法」です。今年(平成29年)で1266回目となります。 この行法は、もともとは旧暦の2月1日から2月14日まで行われていた行事で、2月に修する法会として「修二会」(しゅにえ)といいます。 現在は太陽暦を採用して、3月1日から3月14日まで二月堂で行なわれています。

12日のお水取りの日は多くの参詣人で賑わいます。籠松明(かごたいまつ)の行法が終わり、13日午前2時、笙、ひちりきが堂内に 響くと「はす」という大松明が現れます。この夜童子が回廊で振り回す大松明の火の粉を浴びると、厄除けのまじないになるといわれます。 また、二月堂下の若狭井戸(わかさいど)から本尊にお供えする香水(こうずい)を汲み上げるための行法を「お水取り」といい、この水をいただけば 諸病諸厄四散するといわれています。

この日汲み上げられた香水は、一年間の仏事の用に供するため、須弥壇(しゅみだん)の下にある香水壺に移されます。 この香水壺というのは、千有余年の間、毎回補充される根本香水の壷と、それから去年とか一昨年に汲み上げられた香水を入れてある香水壺というのがあります。 東大寺のお水取りの行法は、一度も欠かされたことがない行法「不退の行法」であり、根本香水というのは、千二百何年前からのお香水が入った壺ということになります。

準備期間を加えれば3ヶ月にも及ぶ大きな法要になり、これが終わると桜の咲く季節がやってきます。
ページTOP
彼岸(平成29年3月17日彼岸入り、20日春分、23日彼岸明け)
春分、秋分を中日として、その前後三日ずつの七日間を彼岸といいます。 彼岸とは梵語の波羅蜜多の訳語で、到彼岸(生死の境を此岸として、 煩悩の此岸を離れ悟りの境地に達するという意味)の略語です。寺院では彼岸会の法要や読経法話が行われ、各家々でも、彼岸詣といって先祖の墓に詣で、 彼岸団子やおはぎ、牡丹餅などを作って仏壇に供え、先祖の供養をしました。また、日本ではこのころ農事始の神祭りをする時期で、仏教とは縁のない固有信仰にもとづく 行事も多く行われます。
ページTOP
三月の季語
菜種梅雨(なたねづゆ)
関東以西の太平洋側では春のあたたかさがようやく定まってきた三月中旬から四月はじめにかけて、雨になったりするかすみがかった ぐずついた天気がつづくことがあります。これを、春霖(しゅんりん)もしくは菜種梅雨といいます。春の霖雨(しとしと降る長雨)の意味ですが、菜種梅雨は、 ちょうどその頃に菜の花が咲き乱れることからそう呼ばれます。桜の開花より少し前の頃です。菜の花梅雨といわずに、菜種梅雨というところが面白いですね。 うっとうしい霖雨もしくは霞のかかる湿気の多い日々ですが、菜の花畑の美しさが日本人の心をなぐさめてきたための命名ともいえるでしょう。
ページTOP
暦については神宮館へ
干支・九星・行事・六輝・中段・二十八宿・下段、東京の日の出入・月の出入・満干潮時など詳細に記述されています。 暦の説明、九星別各人の運気の動向や、納音・十干・家相学・姓名学・命名字典なども加わっているボリュームたっぷりの暦です。
株式会社 ヒラヤマ
〒111-0051東京都台東区蔵前2‐7‐6
TEL03‐3851‐9086FAX03‐3851‐9087
http://www.hirayama-jp.com
hirayama@hirayama-jp.com